PacketBlackHole - 社内通信監視・記録。内部不正抑止と、情報漏えい被害拡大防止に!

Packet Black Hole

Counter SSL Proxyオプション

Counter SSL Proxyオプションとは

Counter SSL Proxyオプションを付けることで、https暗号化通信も可視化することが可能となります。

暗号化通信のサービスやサイトは増加傾向にあります。しかし、多くの企業や団体・学校では、暗号化通信は 「見られないもの」とあきらめてしまって、その通信内容は把握できない状態にあります。

CSP logo

本製品は、本来は暗号化されて見る事の出来ないhttps(SSL)のウェブ通信を、ManInTheMiddleな手法で復号し、あたかもhttp通信であるかのように通信内容を記録するWebPROXY型の製品となります。
復号化したhttps暗号化データは、PacketBlackHoleにて再現することが可能です。

こんな要望をお持ちのお客様に、最適です。

こんなお客様に最適です。
暗号化通信の増加に伴い、導入実績数も増加中です。

構成例

規模にあわせた、柔軟な対応が可能です。
また、既にProxyサーバー導入済みの環境ですと、より導入設置が簡単になります。

Counter SSL Proxyオプション 構成例

その他、事業の拡大や一時的な高負荷への対応策として、下記のような構成も可能です。

 ・Counter SSL Proxyの冗長化による安定した運用
  (※自動プロキシ構成ファイル(proxy.pac)による設定が必要です)

 ・ロードバランサーを使用した負荷分散及び安定した運用

まずはお気軽にご相談ください。

Counter SSL Proxyオプション 負荷分散構成例

仕様

要求サーバースペック
(1000ユーザー利用時)
CPU:Intel Xeonプロセッサー 3.0GHz 4core(8thread)
メモリ:8GByte
ハードディスク:1TByte(RAID1+0またはRAID6推奨)
ネットワークインターフェイス:1000Base-TX ×2
その他 ・CSP経由でSSL通信を確立する為には各種サーバ設定、クライアント設定の変更が必要です。限定されたSSLセッションの取得 運用を推奨します。製品の仕様は予告なく変更することがございます。
・本製品はソフトウェアでの提供になります。ご利用には別途ハードウェアが必要です。
・本製品は次年度以降にライセンス更新費用が必要です。
・インターネットを利用するクライアント端末1台につき1CALが必要です。
・要求サーバースペックは処理要求量によって異なります

ロードバランサーについて

netwiserロゴ

・構成例でご紹介致しましたロードバランサーにつきまして、
 弊社ではセイコーソリューションズ株式会社のNetWiserを取り
 扱っております。製品詳細につきましては、セイコーソリュー
 ションズ株式会社のNetWiserご紹介ページをご覧ください。